トップページ > 労働収入と権利収入の違いを分かりやすく解説!

■労働収入と権利収入の違いってなに?

収入には大きく分けて2種類あります。「労働収入」と「権利収入」です。

大学に進学して会社に就職して得る収入は労働収入です。

ということは労働収入は、常に労力に対しての対価=収入をもらうということになります。

それに対して権利収入とは、自分が働かなくともお金を稼げる仕組みのことを指します。

実業家、不動産オーナー、印税持ち、株主などのように、収益構造を最初に築き上げることで、後々何もしなくても自動的に収入が上がるシステムを構築するビジネスモデルです。

■労働収入と権利収入はどのような差が生まれるのか?

例えば有名大学を卒業して一流企業に就職して10年働いたとしても年収は良くて1,000万円程度でしょう。

退職するまで25年働いたと して、退職間際の年収が2,000万円なら相当上位のビジネスマンだと思われます。

しかし、現状では、そこまで高額の年収を得ている人はほんの一部で、年収800万以上の人は1割程度だそうです。

ちなみに日本の平均年収は400万円前後と言われています。

それに対して権利収入の場合は、上限がありません。

権利が恒久的なもので、使用料が高額であったり、使用シェアや頻度の高いものは、年収にすると数億になる場合もあります。

生涯収入がある程度決まってしまっている労働収入に対して、上限が無いというところが、権利収入の最大の魅力といえるでしょう。

■大別すると分かりやすい2つの差

ここでもっと分かりやすく二つを大別してみます。

労働収入を得ている業種
 ・従業員
 ・自営業者

権利収入を得ている業種
 ・会社などのオーナー
 ・投資家

つまり雇用されていたり、雇用はされていなくとも労働する人材が自分しかいない場合は、完全に労働収入となります。
権利収入の場合は大きく分けすぎているのでもう少し噛み砕いてみます。

例えばネットワークビジネスは、初期段階で人脈作りに労力を使いますが、最終的にうまくいけば権利収入になります。
アフィリエイトなど、ネットビジネスは、物販や他人の情報商材をブログなどで紹介する労力は必要ですが、基本的に権利収入です。

ネットビジネスの種類には「せどり」といって、中古本を安く仕入れて、別のマーケットで仕入値よりも高く売るという「転売」も存在しますが、これは常に仕入れと販売の努力が必要なので、一般的には労働収入といわれています。

■労働収入を得ていても権利収入が必要な理由

先に記した通りですが、日本の平均年収は400万円前後と言われています。

例えば住宅を購入したり、子どもが生まれたりした場合、この収入だけでは生活が苦しくなってしまいます。

何とか切り詰めてやりくりしたとしても、それは楽な暮らしとはいえないでしょう。

例えばネットワークビジネスを行っている人たちの中には、年収1,000万以上という人は山ほど存在しています。

わずか数年で一般サラリーマンの生涯年収を手にする人もいます。

ネットビジネスの世界にも年収1億以上の方が沢山います。

しかも学歴も年齢も性別も問われず、誰でも成功できるチャンスがあります。

ほとんどの場合は現時点での労働収入では生活が苦しいために、副収入を得ようと権利収入ビジネスに足を踏み入れる人が多いようです。

■労働収入を得ながら無理無く権利収入ビジネスにシフト

権利収入ビジネスの種類は沢山ありますが、現在の仕事を続けながら副収入を得て、後々、権利収入ビジネスのみにシフトいくことを考えている方が圧倒的に多いようです。

個人的な意見ですが私もそれが賢明だと思っています。

まずは取っ付きやすいアフィリエイトなどを行ってみて、そこで少しずつノウハウを得ていくのも良いでしょう。

もしくはまだ未開拓で、これから発展するであろうと思われる商材の権利を買うというのも良いと思います。

一般の方でも月額小額で大きな権利を手に入れることが出来るのがライトコインマイニングの最大の魅力といえるでしょう。

■会員制競馬予想サービス-AsanoBitch! で勝負する!

会員制競馬予想サービス-AsanoBitch!は、 下記リンクをクリックしてください。

権利収入ビジネス詳細はこちら