トップページ > 権利収入ビジネスの本音「メリット・デメリットを見極める」

■権利収入とは

権利収入とは、作詞作曲かなど作家の著作権に基づいた収入や、不動産の持ち主が賃貸契約から得る収入、預貯金の利子、特許料など、長期間の不労所得のことを言います。

その他にも商品を発明したときにもらえる特許料もそうですし、最近ではネットワークビジネス(マルチ商法)、インターネットの広告料、アフィリエイトなども含まれます。

■権利収入ビジネスのメリットとデメリット

メリット:
一度権利を取得すれば、ほぼ恒久的に収入が入ります。ネットワークビジネスのように人脈にて報酬を得る場合、下につく人数が増えれば、収益が上がっていく構造になります。

ライトコインマイニングの場合、送金手数料が収入源となるため、人脈を広げる必要は特に無く、ライトコインという仮想通貨の知名度が上がり、利用者が増加すれば、自ずと収益が上がっていくことになります。

デメリット:
一般的に不労所得と呼ばれる者は、高額になるほど税率が高くなります。
ネットワークビジネスの場合、のべつまくなしに知り合いを勧誘することで、人間関係にひびが入ってしまうこともあるでしょう。

また投資型のもので言うと、太陽光売電は初期投資費に1,200万円程必要で(ただし助成金制度あり)、電気を7、8年売り続けて元が取れ、その後が純粋な収入になるため、暫くの間赤字の状況が続くことになります。
ライトコインマイニングの場合、送金手数料が収益になりますので、初期投資の回収が遅いように感じる方もいらっしゃいますが、利用者は増え続けているので、太陽光売電のように、ある程度固定された収入ではなく、増加型の収入となっていきます。

またネットワークの様な仕組みも現在検討中です。

■ライトコインマイニング権利収入とネットワークビジネスの違いは?

上記いたしました通り、友人知人を勧誘しまくって、時には商材を買わせる、あるいは自らも購入するネットワークビジネスと、ライトコインマイニングの権利収入ビジネスは全く違います。

むしろ太陽光売電などに近い収益モデルだと思っております。

権利を取得し、商品のブランディングを関わる人間全員で広め、ライトコインマイニングを導入したくても出来なかった個人様に向けて、大手メーカーのものとは比較にならないリーズナブルな価格で提供してブランディング力を高めていきます。

従って、むしろ信用を得るためのビジネスと言えるでしょう。

■競合の少ない需要大な権利収入ビジネス

マイニングと言えば、誰もがご存知のビットコインを思い浮かべるでしょう。

ビットコインマイニングはライトコインマイニングの倍以上コストが必要となり、また、権利保有者が数十倍もいる為、送金手数料から生まれる利益が、ライトコインの1/10程度です。

そう言った意味でライトコインマイニングはまだ始まったばかりのビジネスなので、完全にニッチなマーケットと言えます。

また、導入希望者は多数いるにも関わらず、まだまだ浸透していないため、まさに今こそがチャンスなのです。

■代理店になることで権利を獲得

太陽光売電のオーナーになるには上記にもあるように1,200万円以上の投資が必要です。ペイして収益化する(いわゆる自動販売機化)するには、好条件が揃っていても7年以上はかかります。

ライトコインマイニングの権利保有者になることで若干の投資が必要なので、そこに多少リスクがありますが、反面、回収までの年月が未知数です。 現状では年間数百〜1,000程の新規導入があるため、収益は毎月増えていっております。

この状況は年々続きますし、ブランディングが確立しブレイクした後には、計り知れない収益がみ込まれることになる訳です。

この不労の権利収入を手に入れるには権利を購入する必要がありますが、太陽光売電の投資額と比べれば本の僅かですし、収益は比較にならない増加率になると言えます。

■代理店の権利には上限があります

ライトコインマイニングは永遠に続く訳ではありません。当然絶対数があります。

募集が終了してしまうと、もちろん権利を取得出来る可能性も無くなってしまいますので、今がチャンスです。

また、ライバルが少なく、利用者が日々増加している今こそが、その時期だと言えるのかもしれません。

■会員制競馬予想サービス-AsanoBitch! で勝負する!

会員制競馬予想サービス-AsanoBitch!は、 下記リンクをクリックしてください。

権利収入ビジネス詳細はこちら